畳

​畳について

​Tatami

現代人の生活に、畳の快適さをご提供いたします。表替え・裏返し・新規畳・縁なし畳・特殊折込畳など取り扱っているお店です。冬は暖かく、夏はひんやりとした感触、裸足でいる心地よさなど、畳の快適さが見直されています。畳を通じて皆さまの豊かな生活を応援いたします。 お見積り無料、家具の移動もOK、ご相談ください。

畳は畳床・畳表・畳縁の

構造でできています。

・畳床

畳表を張る畳の芯で藁などを重ねて縫い締めて作ります。​

​害虫やカビに強い化学床もあります。

・畳表

いぐさの茎を織り合わせて作ったござで、畳の表に縫いつけます。

​和紙や樹脂のカラー表もあります。

​・畳縁

畳の長い辺につけられる布のことです

​模様や色が多彩です。

畳

​畳の種類

​縁あり畳

もっとも普及している畳で、畳縁があることで端や角も傷みにくく、耐久性に優れてます。

​縁なし畳

畳縁がない畳で、一般的な縁付き畳に比べて広くスッキリと見え、シンプルに仕上がります。​​

​床の間

普通の畳とは異なる畳表と縁を使用します。各床の間に合わせて

作ります。

​畳替えの種類

​裏返し

畳を2~3年使って色あせや傷みが目立つようになれば裏返しの時期です。

畳表は通常両面使用が出来るため、裏返して張り替えるだけで、まるで新品のような状態です。なお裏返しは1枚につき一度だけしかできません。

​表替え

畳を使用して裏返してから4年、裏返えせずに6年たったら畳表替えのタイミングです。

畳床はそのまま再利用し、畳表、畳縁を新しいものに交換します。

新畳(交換)

畳を新しい物に交換することです。劣化が目立ったり、畳を使用してから15年以上経つものは新調をお勧めします。